スポンサーサイト

  • 2010.06.01 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


唐澤・森陣営と原中陣営の対立構造、鮮明に―日医・役員改選(医療介護CBニュース)

 日本医師会会長選挙に立候補している原中勝征氏(茨城県医師会長)の選挙対策本部(齋藤浩本部長)は3月26日、陣営が推薦する3人の副会長候補者と10人の常任理事候補者を発表した。副会長は、唐澤祥人氏(現職)や森洋一氏(京都府医師会長)の陣営が推薦する候補と重なっていない上、常任理事候補者のうち6人が原中陣営だけの推薦となっている。一方、唐澤・森の両陣営は、全く同じ顔触れの副会長候補を推しているほか、常任理事候補の人選も5人が重複しており、役員改選では唐澤・森の両陣営と原中陣営の対立構造が鮮明になった。

 原中氏は同日、東京都内で記者会見し、会長に当選した場合、他陣営から推薦された役員と執行部を運営する可能性があることについて、「そうなったら、そうなった時。わたしが(会長を)辞めることはない」とし、他陣営から推薦された人材であっても協力して日医の運営に当たる考えを明らかにした。
 また、陣営の一本化や水面下での選挙協力の可能性が指摘される唐澤陣営と森陣営の動向については、「他の陣営がどんな動きをしようと一切、相手にしないでマニフェスト選挙を貫いていく」と述べた。

■「野合あっても勝つための活動続ける」-齋藤選対本部長

 茨城県医師会の副会長である齋藤選挙対策本部長は、「(唐澤・森の両陣営が一本化や水面下の選挙協力といった)野合をするわけはないし、そう信じている。ただ、われわれとしては、たとえ野合があったとしても、勝つための活動を続けるだけ」と述べた。
 日医会長選は4月1日に投開票が行われる。原中氏や森氏、唐澤氏のほか、金丸昌弘氏(京都府医師会)が立候補している。
 原中陣営が推薦した候補者は次の通り(敬称略。太字は原中陣営だけが推薦する候補者)。

【副会長】
吉原忠男(埼玉県医師会)、松原謙二(大阪府医師会)、多田羅浩三(阪大名誉教授)

【常任理事】
青木重孝(三重県医師会)、樋口正士(福岡県医師会)、高杉敬久(広島県医師会)、藤川謙二(佐賀県医師会)、鈴木邦彦(茨城県医師会)、石渡勇(茨城県医師会)、葉梨之紀(神奈川県医師会)、千葉潜(青森県医師会)、石井正三(福島県医師会)、今村聡(東京都医師会)


【関連記事】
森、唐澤陣営の副会長候補が同じ顔触れに
日医会長選に4人が立候補
副会長・常任理事の推薦候補を発表―唐澤氏陣営
「日医の改革」で小松氏ら論客3人が講演
キャビネット選挙どうする? 日医会長選3候補が見解

10階以上の工事差し止め=高層マンション、日照権を侵害−神戸地裁支部(時事通信)
三浦りさ子さんが接触事故 東京・南青山(産経新聞)
新たに男2人、容疑で逮捕=工事現場に男性遺体遺棄−茨城県警(時事通信)
ツシマヤマネコの感染防止へ飼い猫管理条例(読売新聞)
政治献金の有無、8割無回答…72教組調査(読売新聞)

政宗の石垣工事指示書?も、史料2千点調査(読売新聞)

 仙台藩の重臣・遠藤家に伝わる古文書の調査が20、21の両日、宮城県白石市中央公民館で行われ、調査した約2000点の中に、鎌倉時代末期の荘園に関する裁判の記録や、室町時代の足利将軍が土地の権利を保証する内容を記したものなど、江戸時代以前の史料約60点が確認できた。

 現在の同県栗原市に領地を与えられていた遠藤家などに伝わる史料を、市やNPO法人宮城歴史資料保全ネットワークなどが調査した。史料は京都で集めたものも含まれ、白石市に住む子孫が計約6000点を市に寄託。昨年9月にも、江戸時代などの約4000点を調査していた。

 今回の調査では、伊達政宗が江戸城の石垣工事を遠藤家に指示をしたと見られる手紙も見つかった。

 東北大の柳原敏昭准教授は「戦国時代以前の史料がきれいな状態で見つかっており、非常に興味深い」と話している。

女性受刑者4人を傷害で書類送検=同室者に集団暴行−札幌刑務所(時事通信)
<振り込め詐欺>「キング」に懲役20年判決…東京地裁(毎日新聞)
予備費で追加経済対策策定へ=学校耐震化などに2兆円−政府(時事通信)
刀剣研磨師の永山光幹氏死去(時事通信)
前田日明氏、今度は国民新党からの出馬を検討 参院東京選挙区(産経新聞)

民主・生方議員、街頭演説で小沢氏辞任求める(読売新聞)

 民主党の生方幸夫衆院議員は20日、千葉県松戸市で街頭演説し、小沢幹事長を批判して副幹事長を解任されることについて、「民主党は、小沢さんが白と決めれば全部白だという政党になってしまった。言論の自由がない政党が、国民の言論の自由を保障できるのか」と執行部の対応を批判した。

 小沢氏の進退については、「国会で(政治資金問題を)説明し、国民の理解が得られなければ、けじめをつけることが大事だ」と述べ、辞任が望ましいとする考えを示した。生方氏は「多くの議員が党内で声を上げないといけない。『処分されるかも』と口をつぐめば、民主党に未来はない」と訴えた。

 一方、細野豪志副幹事長はテレビ東京の番組で、「副幹事長は幹事長を補佐する立場で、まずは組織内で発言するのが最低限の有り様だ。(解任の)判断はやむを得ない」と語った。

道路凍結、標識に衝突し北大生ら2人死亡(読売新聞)
首都圏JR 架線トラブル 一時大混乱 4700人が列車内すし詰め(産経新聞)
三浦りさ子さんが接触事故 東京・南青山(産経新聞)
福島氏、閣僚懇でホワイトビーチ案を批判(産経新聞)
鳩山首相、中井氏スキャンダル「うすうす聞いていた」(産経新聞)

墓はどこへ(上) 「改葬」と廃れる墓地(産経新聞)

 「心から安心しました」。千葉県船橋市の依田豊治さん(76)、由美子さん(67)夫妻。「彼岸の入り」の18日、市内にある霊園で両親らの眠る墓に手を合わせた。

 この霊園で彼岸の墓参をするのは初めて。しかし、手を合わせた先にある墓碑には「建立 昭和六十年二月」と刻まれている。

 墓の引っ越しのことを意味する「改葬(かいそう)」という言葉がある。

 依田家の墓は、昨年12月に約50キロ離れたところにある檀家(だんか)寺に隣接する墓地から、改葬されたばかり。

 「歳もとってきたし、遠い場所まで2時間近くかけて墓参に行くのは辛くなってきた」と由美子さん。家の近くに、墓石ごと移転することを決意した。新しい墓地は、自宅から30分ほどでいける。孫も暮らす、長男宅からなら車で約15分だ。

 「寺との付き合いを、子供たちに引き継ぐのも迷惑だろう」。そう考えて、改葬を機に寺の檀家も抜けた。

 移転の際に、業者によってきれいに研磨された墓石は、新品のように輝いている。2人は「思い切って決断してよかった。自分たちだけでなく子供や孫も気軽に墓参りにきてもらえる」と口をそろえる。

 依田家の墓地の改葬を手がけたのは、墓石販売大手の「メモリアルアートの大野屋」(東京都豊島区)。同社では平成18年から、改葬の積極的な宣伝をするなどしてきた。年間2千件ほどを手がけている。費用は数十万から数百万まで、ニーズによってさまざま。

 同社経営企画室の石山裕之さんは「団塊世代が退職・老後を意識し始めたと思われる15年ごろから、問い合わせが増えてきた。戦後、地方から都会に出てきた人たちが、墓を身近なところに移したいと考えているのではないか」と話す。

 やはり墓石を扱う「ジョウコウ」(東京都千代田区)。団塊世代夫婦がバブル期に自分たち用に東京郊外に建てた墓を、都心部に改葬したこともある。「まだ誰も入っていない墓なのですが、引っ越しとなった。『墓は家から近い方がいい』と考える人は多い」と総務部長の天野智耀さん。

 改葬には墓地埋葬法に定められた届けが必要。厚生労働省の統計だと、届け出件数は17年に約10万件に達したが、その後は、以前同様の年7万件前後に低迷している。

 天野さんは「全体からみれば、改葬をする人は少数。改葬件数が伸びない限りは、無縁墓が増える可能性もある」と懸念する。

 石山さんも「団塊の次の世代になれば、両親の郷里の墓や寺との縁は、より薄くなる。さらに少子化で長男、長女の結婚が当たり前になれば、墓の継承も複雑になるだろう」という。

 こんなエピソードがある。大久保利通、志賀直哉らが眠る東京・青山墓地。都心の一等地に明治7に整備された墓地だが、平成10年のまとめだと、約6%が継承者がいないなどの理由で空き地となった。

 建立から2代、3代、4代と世代を経ていくうちに、都心の超一等地の墓地でさえ、手を合わせて弔ってくれる人がいなくなっていく現実がある。

 少子化、単身世帯増、過疎化、家族のあり方に影響を与える新たな課題が山積するこれからの時代は…。冒頭で紹介した依田さんのように、「安心した」といえる人がどれだけいるのだろうか。

 春の彼岸。日本人は昔からこの時期、祖先をうやまう墓参りをしてきた。だが最近、少子化や都市化を背景に、先祖供養の形態が大きく変わりつつある。弔いの新しい光景を紹介する。

【関連記事】
廃れる先祖への敬慕 戸籍も墓も個人単位
愛犬の墓を庭に 首相2カ月ぶり私邸で休日
墓に入れない!? 上海の墓地相場が急騰
山城さん密葬…生前自分の墓を用意していた
有料老人ホーム 決め手は「お墓」!?

強盗致傷で高校教諭を現行犯逮捕 警視庁(産経新聞)
<詐欺ほう助>東山魁夷贋作の被告に無罪判決 岡山地裁支部(毎日新聞)
<水俣病>2患者団体が一時金など受諾(毎日新聞)
内部文書記録のUSB、空自小松基地で紛失(読売新聞)
証拠品ナイフ折るよう指示=蒲田署警部補に停職処分−警視庁(時事通信)

街頭募金詐欺で実刑確定へ=「個々の被害、特定不要」−最高裁(時事通信)

 難病児支援の街頭募金を装い約2500万円をだまし取ったとして、詐欺罪などに問われたチラシ配布員横井清一被告(39)について、最高裁第2小法廷(古田佑紀裁判長)は17日付で、被告側上告を棄却する決定をした。懲役5年、罰金200万円が確定する。
 弁護側は「被害者名や個々の被害額などが特定されておらず違法な起訴。募金者にはさまざまな動機があり、趣旨と関係なく募金した者もいる」と主張していた。
 同小法廷は「不特定多数の通行人に対し、連日のように同じ内容の働き掛けをするなどして寄付金をだまし取る行為は、一体のものとして処罰できる」とする初判断を示した。
 その上で、募金の方法や期間、場所などが起訴内容として提示されれば、個々の被害まで特定する必要はないと結論付けた。
 決定によると、横井被告は2004年10〜12月、路上でアルバイトに「難病の子どもたちを救うために募金に協力をお願いします」と連呼させ、通行人から計約2500万円をだまし取るなどした。 

女子高生、自宅の敷地内で巡査部長に襲われる(読売新聞)
阿久根市長、県立高の生徒処分に異議唱え介入(読売新聞)
首都高、阪神高に距離別料金制=値上げの可能性も−前原国交相検討(時事通信)
「まま ずうっとすき」継母はなぜ虐待したのか(産経新聞)
ボブ・ディランの新作は「絵本」(産経新聞)

<佐賀城>半世紀ぶりの堀干し ハス復活へ250人が参加(毎日新聞)

 佐賀城(佐賀市)の堀で13日、約半世紀ぶりに堀干しが行われた。07年ごろに消滅した堀のハスを復活させようと、植え付けのために地元自治会などが取り組んだ。

 干されたのは南堀から西堀にかけての約3ヘクタール。土のうで仕切り、2月半ばからポンプ排水などを続けてきた。

 この日は約250人が参加。堀にたまった泥をかき出し、腰まで泥につかって種ハス(レンコン)約200株を植えた。また、外来種のミシシッピアカミミガメの食害がハス消滅の原因との説があるため、堀の生物調査などもした。種ハスを植え付けた佐賀大農学部2年、井上ちあきさん(20)は「ぜひ再生した堀のハスを見たい」と心待ちにしていた。

 佐賀城では1960年代前半まで、地元の農家が泥を肥料に使うために堀を干していたが、周辺の宅地化が進み途絶えていた。【上田泰嗣】

【関連ニュース】
生物多様性:「国内損失、止まらず」目標は未達成 環境省
生物多様性:「国内損失止まらず」 目標は未達成−−環境省報告案
世界の雑記帳:新兵器は「猫の餌」、豪州でオオヒキガエルの駆除試みる
追跡京都2010:京都市内で「セアカゴケグモ」相次ぎ見つかる /京都
在来魚:回復傾向、ブラックバス駆除が効果−−伊豆沼・内沼 /宮城

切手偽造で会社役員逮捕=「手作りで1枚1時間」−大阪府警(時事通信)
<文京区長>育休取ります 自治体首長で初(毎日新聞)
「生活感、汗のにおいがない」=鳩山政権に苦言−田中元外相(時事通信)
<防衛省>陸自連隊長が異動 首相発言「批判」(毎日新聞)
<札幌ホーム火災>吹き上がる炎「中に人。助けて」(毎日新聞)

「終息」とは違う―新型インフルで厚労省(医療介護CBニュース)

 全国のインフルエンザ定点医療機関当たりの患者報告数が、流行の指標となる「1.0」を約7か月ぶりに下回ったことについて、厚生労働省健康局結核感染症課の中嶋建介感染症情報管理室長は3月12日の記者会見で、「これで終わったという意味での『終息』とは少し違う」との認識を示した。

【患者報告数の推移のグラフ詳細】

 新型インフルエンザの発生以降で、初めて定点当たり報告数が1.0を超えたのは、昨年8月10-16日の週。その後、1.0を上回る状態が29週間続いていたが、今月1-7日の週に0.77となった。

 中嶋室長は会見で、「夏の終わりという異例の早い時期から始まった流行の山が順調に下がり、少しほっとしている」と話した。しかし、「29週間続く流行は異例。この10年で今回が初めてだ」と指摘。検出されるインフルエンザウイルスのほとんどが新型になった7月6-12日の週以降の累積の推計患者数は2063万人になったが、「まだ感染していない人も多くいる。今後もこの新型インフルエンザと向き合っていかなければならない」と述べ、現時点での対応策を続ける方針を示した。




【関連記事】
インフル、流行指標下回る―患者6週連続減で
「ヒト型」に変異で患者増も―新型インフルで感染研・安井主任研究官
A香港型、4か月ぶりに検出―インフルエンザ
週の新規入院患者、百人下回る―インフルエンザ
インフル対策、当面は実施継続―厚労省

機密費、鳩山政権も月6000万円 昨年11月以降分を公表(産経新聞)
日韓警察 トップがソウルで会談 犯罪のグローバル化で(毎日新聞)
警部補、飲酒運転で人身事故 沼津署(産経新聞)
首相、訪米に意欲 米国土安全保障長官と会談(産経新聞)
<事業仕分け>第2弾 4月と5月の2回に分けて実施(毎日新聞)

<北野武さん>初の展覧会、パリで(毎日新聞)

 【パリ永田晶子】パリのカルティエ現代美術財団で9日、映画監督でタレントの北野武さんの展覧会の内覧会が行われた。北野さんが描いた絵画約50点のほか、オブジェなども展示している。会期は11日から9月12日まで(月曜休館)。

 北野さんの展覧会は日本、海外を通じて初めて。優れた現代アートの紹介で知られる同財団が要請、5年がかりで実現した。記者会見で北野さんは「絵はペンキ職人だったおやじの影響を一番受けた。自分が楽しいと思うことを作品にしたので、みんなに共有してもらえれば」と話した。

 展覧会のタイトルは「絵描き小僧」。会場には原色を使った素朴でユーモラスな絵画や、顔が花で体が動物の不思議なオブジェ、巨大な恐竜の置物などが並ぶ。「ビートたけし」名義で出演したテレビ番組を放映するコーナーもあり、海外では知られていないコメディアンとしての活動にも焦点を当てた内容になっている。

 パリのポンピドー芸術文化センターでは11日から約3カ月間、過去の監督作品を上映し、複数の雑誌が特集を掲載するなど同国では北野さんへの注目が高まっている。

【関連ニュース】
北野武監督:フランスが芸術文化勲章授与 上映会も開催
ビートたけし:「泣きそうになった」長嶋茂雄氏と8年ぶり再会 東京スポーツ映画大賞
石川遼:初の冠レギュラー番組 たけし、所とゴルフ腕自慢も テレビ東京
北野武:「十何年ぶり」北村総一朗も“極悪11人” 7年ぶりバイオレンス「アウトレイジ」完成
ビートたけし:亀井対竹中の“郵政ガチバトル”を実現 香山・勝間対決も TBS新春特番

ニチアス、佐藤常務に代表権…代表取締役を2人体制に(レスポンス)
未成年女子の飲酒率増加を懸念―アルコールシンポ(医療介護CBニュース)
<交通事故>軽ライトバンが電柱衝突 3人死傷 三重・松阪(毎日新聞)
首相動静(3月16日)(時事通信)
<雪崩>不明の76歳男性死亡 山形・蔵王(毎日新聞)

<交番で爆発>天然ガス、排水管伝い充満か 千葉・大多喜町(毎日新聞)

 5日午前0時15分ごろ、千葉県大多喜町猿稲の県警勝浦署大多喜幹部交番内にある男子トイレで、当直勤務中の男性警部補(51)がライターの火をつけたところ、突然爆発した。この爆発で警部補は顔や両手に軽いやけどを負い、病院に運ばれ、トイレの天井約7平方メートルが熱風で溶けた。

 同署によると、現場に爆発物などはなかった。「ボン」という爆発音を聞いて駆けつけた別の警官が、トイレ床面にある排水口から高さ約1.5メートルの火柱が上がっているのを見た。地中の天然ガスが排水管を伝ってトイレ内に充満し、引火したとみて、ガスの流入経路を調べている。

 大多喜町は房総半島の中央にあり、1891(明治24)年、日本で初めて天然ガスの井戸が掘削され、「天然ガス発祥の地」として知られる。県によると、房総半島は日本最大規模の水溶性天然ガス田「南関東ガス田」の中心に位置し、天然ガスの年間産出量は全国2位の約4億6322万立方メートル(08年)。同ガス田を開発する関東天然瓦斯開発(東京都)によると、成分は99%がメタンで無臭。

 房総半島では88年以降、土中の天然ガスが原因とみられる爆発事故が相次ぐ。04年7月、九十九里町の「九十九里いわし博物館」で天然ガスが爆発し、職員2人が死傷。91年11月には茂原市内の東電社員寮で配管点検口を開けた女性がライターの火をつけたところ爆発して顔にやけどを負った。同市立茂原中でも88年4月、校舎の一室でスイッチを入れた際の火花で爆発が起きたが、けが人はなかった。【倉田陶子】

クラビットの有効成分を3倍にした点眼剤を承認申請―参天(医療介護CBニュース)
<お別れの会>中村昇さん=30日、京都市のホテルで(毎日新聞)
<羅臼漁船事件>13隻を14日間の出漁禁止に 北海道(毎日新聞)
H氏賞に田原氏(時事通信)
行方不明 高等養護学校の女子生徒 先月28日から 長崎(毎日新聞)

【Web】「最後のメール」送るサービス(産経新聞)

 死後、指定したアドレスにメールを送信してくれる携帯電話向けサービス「最後のE−mail」が始まった(http://lsm.jp/)。サービスを手がける「ドイモイコレクションズ.」によると、会員登録後、本人に会員カードが届き、亡くなった際に遺族や友人がカードを使用して手続きを行う。念のため、会員本人に確認のメールが送られるという。メールは最大5人に送信可能で、日記も添付することができる。年額1000円。

相次ぐ児童虐待、昨年は最多の335件(読売新聞)
無銭飲食男“死んだふり”も搬送先でバレて逮捕(スポーツ報知)
防衛大生、3人で女性に暴行…警務隊が逮捕(読売新聞)
<就活>超氷河期は支援会社頼み 費用高いが、学生惜しまず(毎日新聞)
<柔道整復師>無資格10講師が授業、卒業生145人補講へ(毎日新聞)

calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
sponsored links
リンク
ブラック キャッシング OK
携帯ホームページ
現金化
クレジットカード現金化
クレジットカードのショッピング枠を現金化
モバイル ホームページ
クレジットカード現金化 比較
無料ホームページ
サイドビジネス
selected entries
archives
recent comment
  • <発炎筒火災判決>都に626万円命令 車炎上の原因認定(毎日新聞)
    カナ (08/27)
  • <発炎筒火災判決>都に626万円命令 車炎上の原因認定(毎日新聞)
    リンデル (01/13)
  • <発炎筒火災判決>都に626万円命令 車炎上の原因認定(毎日新聞)
    ガトリング白銀 (01/08)
  • <発炎筒火災判決>都に626万円命令 車炎上の原因認定(毎日新聞)
    こういち (12/24)
  • <発炎筒火災判決>都に626万円命令 車炎上の原因認定(毎日新聞)
    まろまゆ (12/19)
  • <発炎筒火災判決>都に626万円命令 車炎上の原因認定(毎日新聞)
    モグモグ (12/16)
  • <発炎筒火災判決>都に626万円命令 車炎上の原因認定(毎日新聞)
    夜沢課長 (12/06)
  • <発炎筒火災判決>都に626万円命令 車炎上の原因認定(毎日新聞)
    ポロネーゼ (12/03)
  • <発炎筒火災判決>都に626万円命令 車炎上の原因認定(毎日新聞)
    すぷらっしゅ (11/16)
  • <発炎筒火災判決>都に626万円命令 車炎上の原因認定(毎日新聞)
    ぱたぱた (11/08)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM